2018年11月24日(抜釘372日目) 慢性疼痛…自分の身体と向き合う

2018年11月24日(抜釘372日目)




今日は最後のリハビリでした。もう、抜釘から1年になってしまいました💧💧💧


結果、今はこんな状態です。

アーチが落ちる

内くるぶしの滑走不全

足底筋膜炎

癒着

神経のピリピリ




色々少しずつありますが、そんなに悪い状態では無いようです。


だけど、突っ張り感、強張り、痺れが良くなりません。






PTさんからは、考えられることは全てやったけど良くならない。

慢性疼痛”ではないかと、今日はそんな説明がありました。



前にも少し書きましたが、本来の怪我による痛みが無くなってもいつまでも痛みを感じてしまう。

例えば、同じ痛みを右足が5と感じるのに、左足は10にも20にも感じる。

本来の痛みが全く無いわけでは無いが、過敏に反応をする。

痛みを抑える神経が弱くなっているって事らしいです。

精神的なものも関与しているようで、真面目な性格の人はなりやすいと言われました。





私は、真面目!?では無いと思うけど…



今年、初めに書いた「今年は自分の中の完治を目指す!

ってこれが良くないんですかね💦

自分の中の完治ってやっぱり元に戻したいってずっと思ってた

リハビリしていれば、戻せるって頑張ってたけど・・・







今日のPT👨さんの話では



「痛みを感じた時に、何をすれば良くなるかを見つけてほしい。


スポーツ選手で、その症状が出たらチョコレート🍫を食べて気分転換をする人もいます。

そんなのを見つけてほしい。


夕方いつも痛みや突っ張りが出るなら、休憩しながらマッサージするとか何か気分転換になることをするとか。


新しい事を何か始めるのもいいかもしれない💡


注射💉(次回やる予定)や薬も、効くかはわからないけど、きっかけになるかもしれないね。



向き合ってほしいナ!」






向き合うか・・・


まず、今の状態を自分で受け止めないといけないのかな💧


ちょっとどうしたらいいのか迷ってます。。


気にしてなくても突っ張りは毎日出るし、痛みも感じるときもある💥


💊で良くなればいいけどね。


神経的なものは長期戦になるって言うし、

既にこんなに長期戦ですが・・・





ホント、一生残る怪我をしてしまったのかもしれないね








そうそう、傷のピリピリ(神経性障害性疼痛)は、傷を挟んだ両側の皮膚を色んな方向を動かすといいらしいです。


私の場合は、傷が開く事はもう無いので、傷を開くような動きも取り入れていいようです。


所々痛いところがあるのですが、そこは柔らかくやり過ぎないように・・・


お風呂♨️で温めながら、やろうと思ってます。







アーチが落ちるとツッパリ感が酷くなって痛みがでるのでテーピングの巻き方を教えてもらいました。


前にもアップしたこの巻き方です。



IMG_3571.jpg



外出で革靴を履かなければいけない時や、長時間立たなければいけない時はテーピングを貼ろうかな。









慢性疼痛について、いろいろ調べていたらこんなブログに出会いました。


「慢性疼痛と一緒に生きていくための10箇条」



今の自分にはとても響きました。



今現在の体の状況と共存していくことを学ぶこと・・・


(エリーさんのブログより)




私は、今の自分を認めていないのかもしれません。


ゆっくり考えてみます。




また、寒い季節になってきました。


冷えは大敵


みなさん温めてくださいね




にほんブログ村 健康ブログ 怪我・骨折・火傷へ
にほんブログ村



にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村




この記事へのコメント

ひろぽん→じゅんじゅんさんへ
2018年12月03日 19:49

じゅんじゅんさん

こんにちは!
そうですね。。いつまでも怪我をした事を悔やみ、元に戻してやるって粋がってても、身体にも限界があるってことなのかな・・・と最近思うようになりました。

この十か条を読んで、受け止める事の方がもしかしたら治る近道なのかもと思ったりしてます。まだ向き合えていないです。

じゅんじゅんさんも同じ悩みなんですね💦


靴があってなかったのは、普段履いている靴ですか。
それとも登山靴?
私の場合はアーチが落ちるのでインソールがある靴を履いた方がいいと言われて、結構靴を買うのに悩みます。
登山靴は何度も買いなおしています。。。

四国の山は残念でしたが、近くの由布岳に行けてよかったです。
ネットで見ましたがとてもキレイな山ですね。

じゅんじゅんさん、また経過をお知らせください。
山の方もネ!
じゅんじゅん
2018年12月03日 13:43
ヒロポンさん、こんにちは😃
足の痛み悩ましいですね。
慢性鎮痛の十か条、難しく切なくなりますね。前向きに、生きろって事なんでしょうけど。この事は、私自身も当てはまります。怪我を悔やんでも仕方ないけど‥悔やんじゃいますね💦元の足になりたい、と!

私もリハビリ卒業の予定でしたが、踵の痛みが取れず延期になりました。私も足底低膜筋?と思ったのですが、先生から症状が違うので、炎症を起こしているだけだろう、骨折とは関係ないと。自分は関係ある気がするけど‥靴も合ってなかったかもなので、靴を買い換える所からです。なんだか、スッキリしません。
山の方も、四国のやまに行く予定でしたが風邪をひいて中止なりました
代わりに日帰りで行ける大分の由布岳に行ってきました⛰暖かくなったら、また遠出したいです。それまでは、近場で楽しみます⛰
ひろぽんさんも足お大事に&上手く付き合っていきましょう。(私もです)

ひろぽん→ドジなおばちゃまへ
2018年11月29日 18:57

ドジなおばちゃまへ

こんばんは!
そうなんですよ。リハビリ終了になりました。
やはり定期的にきちんとやってもらえるのと、自主トレは違いますよね!?

自己管理は大変です。。

内くるぶしが痛むのですか?寒くなってきましたしね。
レッグウォーマーで足首をスポッと包むといいですよ。
もっと寒くなってきたら、その中に小さいホッカイロを両くるぶしに当てると痛みが半減するかもしれません。
癒着も温めないといけないですからね。

良かったら試してみてください。

しゃがんで後ろに倒れそうになった事は私もあります。
背屈もそうですが、ふくらはぎの筋肉の低下も影響しているかもしれません。


11月お誕生日だったんですね!
おめでとうございま~す🍰

不安は私も色々ありますが、ファイトですよ。
ドジなおばさん
2018年11月28日 23:41
こんばんは。
ついにリハビリが終了ですか。リハビリ中は、いつか良くなると思い
せっせっと通っていましたが、終わってしまうと自力では治せないと
あきらめムードになりましたね。
最近は内側が痛みますね。背屈が悪くなってきたのか、しゃがんだら
後ろに倒れそうになり、焦りました。
寒くなってくると、癒着がますますひどくなるようです。
この先年を重ねていくのが不安になりますね。

今月還暦を迎えました(悲し〜〜〜)
ひろぽん→midorinさんへ
2018年11月28日 19:06

midorinさん

こんにちは。
midorinさんは、本当に登山が好きなんですね。

辞めちゃだめですよ!
ご家族や会社にはいっぱい迷惑かけちゃった(私も同じです)かもしれませんが、生き甲斐は捨てないでください。

迷惑かけた人に言われてしまうのは当然ですが、また信頼してもらえるようにするためにも、無理をせず、復帰していくようにしましょうネ。

私の場合は、登山し始めで怪我をしてしまったので、midorinさん程ではありませんが、リハビリをしながら、平地でのハイキングからゆっくり慣らしていきましたよ。
背屈、底屈が重要になってくるので、最初は少しの坂も大変だったりしますが、自分のペースを作りながら、チャレンジしていけるといいですね。

私もそうですが、ここに来てくれる人たちは、山に復帰したい為にリハビリを頑張ってる方多いですよ。
何かを目標にしながらやれれば、リハビリも苦痛じゃ無くなります。登山自体がリハビリになります。

midorinさんもきっと大丈夫!

また、是非近況聞かせてください。


midorin
2018年11月27日 21:09
早速のお返事 ありがとうございますm(_ _)m

何しろ登山が生き甲斐だった私。
母に二度と行くな!
と言われ、
会社もこの怪我で(山の怪我で)3カ月も休み(ちゃんと治るまで休めと言われ)
周りに多大な迷惑をかけてしまい 
二度と
「夏休みは山に行く」などと言えない状況です(;;)

今は 生き甲斐を失い これから何を趣味に生きていこうかと・・・

が、ひろぽんサンに 勇気付けられました。
やっぱり抜釘をし、登山靴を履き 低山からやり直したいです。
今度 山で怪我をし 休職する様なら退職するしかないと思っています。
それでも やっぱり まだまだ残している「頂」に立ちたい!

夢を諦めなければ リハビリも頑張れますよね(^^)
しゃがみこみが嫌いなんですけど・・
頑張ります!
ありがとうございました。
ひろぽん→midorinさんへ
2018年11月27日 19:22
midorinさん

初めまして!コメントありがとうございます。
登山で骨折って多いんですね💦
ここで良く聞くようになりました。

でも、三果骨折からまだ3か月なのに、もう1万歩すごいです!!
順調に回復されているようでホント良かったです。

抜釘をするかしないかについては、私も同じ境遇の方の意見が聞きたくて、このブログでアンケートをもらったぐらいです。
それで、やって良かったの声が多かったので、私も抜釘に踏み切りました。

結果、やはり良かったです。
プレートのゴツゴツが結構気になっていましたが、スッキリ無くなりました。
ミドルカットやハイカットの登山靴を履くには、抜釘はした方が当たらないと思います。特に外くるぶしのところ。
腓骨上部のプレート付近の痛みもなくなりました。
何よりも、異物感が入っている精神的な不安が解消されたのは良かったです。

やったことによる不具合は全くありません。

抜釘すると、特に三果骨折の人で後果を切った人は、関節が固まりやすいと先生から言われました。
でも、初回のような一から硬さを取るようなリハビリはしてませんし、すんなり曲がるようになりました。

なので、元に戻ってしまうのではという不安は持たなくて大丈夫だと思います。

midorinさんも、きっとまた登山が出来るようになりますよ。
一緒にがんばりましょう。

こんなブログですが、参考にしてもらえると嬉しいです。



midorin
2018年11月27日 18:04
初めまして。
実は私も登山を趣味とし、8月の末に下山中転倒し 三果脱臼骨折をしました。
もちろん手術をし 今プレートと釘が入った状態です。
医師からは抜釘はしてもしなくてもどちらでも良いと言われています。
歩いていると時々プレートーの端が皮膚に当たる感じがするので
抜釘する予定でいます。

ひろぽんサンのブログ。
参考にさせて頂いています。ありがとうございます。
所々しか拝見する事が出来ていないのですが、
ご自身的には やはり抜釘をして良かったと思いますか?
抜釘をした事により新しい不具合を生じたと感じてはいませんか?

私もリハビリ中でなんとか背屈底屈もかなりできる様になってきました。
が、抜釘により また固まってしまうのではと怖いです。
今は舗装道なら休み休み1万歩。
ただ、公園の自然な道となると4千歩程で 異常を感じてやめるようにしています。

登山をまた出来る様になるのか・・・
様々な不安があります。

すみません。とりとめもなく。
お返事頂ければ嬉しいです。