2018月1月22日(抜釘62日目)骨折の後遺症

2018月1月22日(抜釘62日目)後遺症

関東も雪が降りました
4年ぶりの豪雪らしいです。

また転んで骨折なんて事にならないように
みなさん気を付けてくださいね
私も転んだら、簡単に折れてしまうのではないかと歩くのがかなり慎重になってしまいます😥






今日は、後遺症について
この骨折をして、初めて「後遺症」を考えるようになりました。

今まで、怪我をしても治るのが当たり前だと思っていたので
後遺症なんて、交通事故とかで無ければ普通に完治するものと思っていました💦




足首の骨折には…


・歩行困難
・関節の痛み
・足首の拘縮(可動域制限)
・神経的な痛み
・筋力低下


こんな後遺症があるようです。

可動域制限は、通常の75%以下、10度以下の状態が半年以上で改善の見込みが無い場合などは、身体障害者の申請ができるようです。(ある自治体の例)

あくまでも、医師の診断が必要です。

他にも人工関節等を入れた(肢体不自由)場合にも、認定されるようです。

『第5 肢体不自由』だと思いますが
詳細は、市町村の障害福祉担当窓口でご確認ください。
都道府県によって認定基準が異なります。
また、身体障害者手帳が交付されると等級によって色々なサービスが
受けられます。

税金の減免、公共料金や交通費の割引などがあります。




私の方は、今月のリハビリテーション総合実施計画書の書面に
診断名として
「変形性足関節症」
とあるのを気付きました。


直接、主治医から聞かされてはいませんでしたので
気付いた時にはかなりショックでした。。
既に、抜釘前の昨年10月に診断されていたようです。


足首の骨折について、色々調べていると
後遺症として、何度となく出ていました病名です。
足関節などの軟骨が損傷して痛みがでる病気です。


酷くなると、手術で人工関節になることもあるそうです💧💧


まさか自分が…なるとは
怖いです。



戻って後遺症の話ですが
手術は医師にお任せするしかありませんよね。
患者に出来る事は限られてます。


術後の痛みを正直に伝える
処方された薬をきちんと飲む
治療への協力
治そうと思う強い精神力の維持

こんなところでしょうか。

でも、その後のリハビリは患者自身に掛かっているんです。
PTさんから色々アドバイスもらったりしますが
自身が守らなかったら、治るものも治りません。


完治したかったら、リハビリに対して積極的になること
他人任せでは治らないと思った方がいいです。


術後翌日から2週間までのリハビリ、その後のリハビリと過程によって
やる事が変わってきます。
PTさんによく相談してみてください。
私も手術翌日は、触られるのも傷を見るのも嫌でした。
(正直、そっとしておいてほしかった)
でも、とにかく早く動かす事、こればかり言われてました。


後々、後遺症を残さないようにする為には
術後のリハビリ次第だと思ってください。
長い期間になりますが、諦めずに続けていけば、
後遺症が残る確率は、やった分だけ低くなると思います。


一緒ににがんばろ


にほんブログ村 健康ブログ 怪我・骨折・火傷へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村





この記事へのコメント

  • ひろぽん→marimoさん へ

    marimoさん
    こんはんは。雪の北横岳に行ってきたんですね。
    私はまだまだ初心者で冬山には登った事がありません。
    きっと、幻想的な景色なんでしょうね。羨ましいです(^^♪
    春が待ち遠しい~
    後遺症なんてって思ってたのに、長引くリハビリに考えずにはいられなくなりました。
    ただ、ホント少しずつですが、良くなっている感じはします。
    踵は以前ほど熱くならなくなりました。
    marimoさんもマッサージと筋トレ大事ですね。
    やった分だけ筋肉もつくし、痛みも和らぐと思います。
    お互い先が見えないのは辛いですが、頑張りましょうね。
    そろそろ抜釘の時期になりますか。


    2018年02月05日 00:34
  • marimo

    ひろぽんさん、こんにちは。

    術後290日目のmarimoです。
    こないだの雪は本当にすごかったですね。
    東京も思った以上に積もって、会社へ行くのにスノーブーツを履きゆっくりゆっくり歩いていきました。
    また今日の夜から明日にかけて雪の予報・・・
    気を付けて歩かなくてはと気を引きしめています。

    「後遺症」この言葉は聞きたくなかったです。
    こんなに努力しているのに元に戻れないのはとても辛くて悲しいです。でもあきらめたらそこで終わり・・・
    少しでも良くなるように続けていくしかないですね。

    私のこの歩くときの痛みも一種の後遺症ではないかとちよっと思い始めています。(歩くと踵が痛くなる痛みはいまだに続いていて、寒いとなおさらです)
    でも、癒着した皮膚をマッサージしてとる努力、体力をつける努力など、あきらめることだけはしたくないと思っています。治りたいと思う強い精神力!!!本当に必要ですね。

    ひろぽんさんの日記を読んで本当に励まされています。
    お互いに頑張りましょう!

    PS先日、雪の北横岳へ行ってきました。
    以前はアイゼンを付けてすたすたと登れていたのに、今回は倍の時間がかかりちょっと悲しかったです。
    でも景色はとても綺麗で幸せでした。






    2018年02月01日 17:05